Suicaカードの定期券でもオートチャージは出来る?一番簡単な設定方法とは?

Suica定期券を利用している人の中には

定期区間以外でも利用することがあると思います。

そんなときに、チャージ不足だったなんてことも

経験あるのではないでしょうか?

チャージ不足にならないために

Suica定期券もオートチャージすることができます。

そこで今回は、Suica定期券の

オートチャージ設定についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

Suica定期券もオートチャージが可能・・・?

Suica定期券はオートチャージをすることができます。

オートチャージをするためには

ビューカードが必要です。

Suica定期券とビューカードをリンクすることで

オートチャージをすることができるんですよね。

ちなみに、Suica定期券以外にも

My Suica(記名式)」

「Suica付学生証」

「Suica付社員証」

「ゆうちょICキャッシュカードSuica」

などでもオートチャージをすることができます。

チャージ不足にならないためにも

オートチャージ設定をしておくのがおすすめです。

Suica定期券のオートチャージ設定方法!

Suica定期券のオートチャージ設定をすることができるのは

駅のATM・VIEW ALTTE(ビューアルッテ)となっています。

そのため、まずはSuica定期券と

決済用のビューカードを用意して

ビューアルッテに行ってください。

ビューアルッテでは

まずは「オートチャージ設定」を選択し

「Suicaのリンク」を押してください。

次の画面で「リンク設定/変更」を選択し

Suica定期券を挿入します。

さらに、リンクさせるビューカードを挿入し

ビューカードの暗証番号を入力します。

次の画面で内容を確認し「確認」を押し

規約を確認後「同意する」を押してください。

とりあえず、これでSuica定期券と

ビューカードをリンクさせることができました。

オートチャージ設定

引き続き、オートチャージ設定をすることができます。

「オートチャージ設定する」を選択し

「申し込み」を押してください。

規約を確認後、「同意する」を選択し

オートチャージ入金実行金額と

オートチャージ実行判定金額を選択して「確認」を押します。

後はビューカードとSuica定期券

利用明細票を受け取って終わりです。

これでSuica定期券とビューカードのオートチャージの設定も完了となりますよ。

Suicaのオートチャージには有効期限がある!?

Suicaへのオートチャージには有効期限があります。

有効期限は、リンク設定した

ビューカードの有効期限と同じです。

ビューカードの有効期限が切れると

オートチャージができなくなるので

オートチャージの有効期限延長の手続きが必要です。

有効期限延長の手続きは

ビューアルッテで設定することができ

ビューアルッテでまずは「オートチャージ設定」を選択します。

次の画面でも「オートチャージ設定」を選択し

「Suicaにオートチャージ」を選択してください。

そして、「既にリンク設定されている方」を押し

リンク設定済みのSuicaを挿入します。

その後、新しい有効期限更新済みの

ビューカードを挿入してください。

ビューカードの暗証番号を入力し

「ご利用金額変更 オートチャージの有効期限更新」を選択します。

次の画面で設定内容を確認し

変更したい点があれば変更してください。

そして、「確認」を選択すれば

オートチャージの有効期限の延長をすることができますよ。

まとめ

Suica定期券は、オートチャージが可能となっていて

オートチャージ設定をしておくことで

チャージ不足になる心配がありません。

オートチャージ設定は、駅にあるビューアルッテで可能で

オートチャージ設定したい

Suica定期券と決済に使用したい

ビューカードを用意して

ビューアルッテでオートチャージ設定をしてみてください。

また、オートチャージの有効期限は

ビューカードの有効期限と同じですので

有効期限が切れたら、有効期限を延長するために

ビューアルッテで設定してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

お得にSuicaを使うならこのカード!

suicaポイントのお得情報!